メニュー

プレスリリース

働く人のメンタルヘルス対策「心の健康づくりを考える」セミナーに協賛しました

4大疾病のがん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病にメンタル疾患を加えて「5大疾患」となり、厚生労働省は従業員へのストレスチェックやストレスを 抱える社員に対する面接指導などの「メンタルヘルス対策」を企業に義務づける法律改正を、2012年秋に実施すべく取組みを進めています。

デラでは、働く人がメンタル不調に陥らないための未然予防対策として、音楽がより多くの方に活用されるようにすることを目的に、メンタルヘルス・ミュージックの啓蒙普及活動を推進して参ります。




<セミナーのご報告>

当日はあいにくの寒い雨の中、230人の来場者に恵まれながら、働く人へのサポートを家族・企業と多角的な視点から考えるといった、意義深いセミ ナーが朝日新聞社浜離宮ホールにて開催されました。
基調講演は、当社CDの監修をされている横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長・山本晴義先生が務められました。
先生のパワフルでユーモアのある語り口調に会場は盛り上がり、メンタルヘルスの知識だけではなく、みなさんに元気も供給されていました。
講演の一部の模様を動画で配信しておりますのでご覧ください。

また、会場では、セミナーの前後、休憩中に当社の音楽(※1)を流しながら、参加者の方々に音楽のリラックス効果を体験して頂きました。

ご挨拶

リラクセーションとしての音楽

生きるって、一体何ですか?

働く人のメンタルヘルス

自殺予防の十箇条(厚生労働省)

メンタルヘルスのキーワード(気づきとセルフコントロール)

職業性ストレスモデル

終わりに

>> 山本晴義先生監修の『働く人のメンタルヘルス・ミュージック』はこちら

本CDは厚生労働省メンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」のおすすめのCDとして紹介されております。



働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」「こころの耳」は、厚生労働省 メンタルヘルス・ポータルサイトです