予防のための音楽「うつ」試聴時の精神生理検査データより

音楽により、疲れた頭がリフレッシュされた経験は誰もが持っていることでしょう。さらに音楽は、気分を和やかにしてくれるばかりでなく、心の病や心身症などを治癒する力があることも明らかになっています。このデータは、通常時と予防のための音楽「うつ」の試聴時について、それぞれの身体の状態を調査した『精神生理検査』です。
調査協力:横浜労災病院メンタルヘルスセンター
ストレスと深い関わりを持つ“自律神経”。心やすらぐ音楽を聴くと、自律神経系の副交感神経が刺激され、機能が正常化すると言われていますが、今回の実験で音楽試聴時に心身機能が調和することが証明されました。体を休ませる副交感神経の働きが強まるため、エネルギー消費をおさえようと心拍はゆっくりになり(心拍数データ)、発汗は安定し(発汗データ)、筋肉の緊張がゆるんで血管が広がり血流が良くなるので、皮膚温は上がります(皮膚温データ)。この時、リラックスした時にあらわれる脳波であるα波も格段に増えました。
横浜労災病院メンタルヘルスセンター 衞藤真子